災害時の備えになる

水のボトルをストックしておける

地震などの災害はいつ訪れるかわかりません。災害時に断水して水が飲めなくなれば生命にかかわりますから、災害に備えて水をストックしておくことは大切です。と言っても、ペットボトルは容量が少ないですから、かなり本数を用意しなければなりません。ウォーターサーバー用の水は1本で12リットルくらいありますから、災害用にストックしておくのにもちょうど良くなっています。

新鮮なお水を備蓄しておける

ペットボトルの水もいつまでも飲めるというわけではなく、1年程度の賞味期限があります。災害に備えてペットボトルの水を備蓄しておく場合には、1年ごとに買い替えないといけないということになってしまいます。ウォーターサーバーを導入すれば、水を使いながら備蓄もしておくことができます。常に新しい水を届けてもらえますから、新鮮なお水をそのまま備蓄できることになります。

停電時も給水は可能

ウォーターサーバーというのは電気を使用します。災害時には電気が止まることもありますから、災害時には使えないのではないかと心配な方もいらっしゃるでしょう。この点について、ほとんどのウォーターサーバーでは停電時にも給水機能は使えるようになっています。ウォーターサーバーを使用していれば、災害で断水や停電になってもとりあえずは水を飲むことができるので安心感があります。