安全なお水を手に入れたい

水道水には有害物質が含まれている危険もある

水道水の安全性というのはだいぶ前から議論されてきました。水道水は浄水場で塩素を使って殺菌・消毒を行っています。残留した塩素が原因となり、トリハロメタンという発ガン性物質が発生し、水道水に含まれている危険性があります。また、水道水にはダイオキシンや鉛などの有害物質も含まれている可能性があります。近年では原発事故の影響により、水道水の放射能汚染も懸念されています。

水は毎日使うので安心できなければ困る

水道水には有害物質が含まれているから飲まない方が良いと言われても、実際水を飲まずに生活するということはできません。人間が生きていく上では水が必要ですから、お茶や料理なども含め、誰でも何らかの形で水を摂取しているはずです。水は毎日使うものだからこそ、安全性が重視されます。安全な水を摂取したければ、水道水に頼っていてはいけないということです。

ウォーターサーバーの水は安全

ウォーターサーバーを利用すれば、安全な水を飲むことができます。ウォーターサーバーの会社は、特定の水源から採取した天然水や、特殊なフィルターを通して不純物を完全に除去したRO水を届けてくれます。水質検査や放射能検査が徹底された安心できる水を毎日飲むことができますから、水道水を飲む必要がありません。ボトルやサーバーも衛生的に利用できますから、雑菌が発生する心配も少なくなっています。