ウォーターサーバーを使う目的例

安全なお水を手に入れたい

水道水には有害物質が含まれている危険もある水道水の安全性というのはだいぶ前から議論されてきました。水道水は浄水場で塩素を使って殺菌・消毒を行っています。残留した塩素が原因となり、トリハロメタンという発ガン性物質が発生し、水道水に含まれている危険性があります。また、水道水にはダイオキシンや鉛などの有害物質も含まれている可能性があります。近年では原発事故の影響により、水道水の放射能汚染も懸念されてい... >>詳細

美味しいお水を毎日飲みたい

飲み物は水がいちばん人間が生きて行く上では水分が必要です。水分にはいろいろありますが、喉が渇いたらお茶やコーヒー、清涼飲料水を飲む習慣があるという人も多いでしょう。けれど、お茶やコーヒーにはカフェインが含まれているため摂り過ぎは危険です。また、清涼飲料水ばかり飲んでいると糖分を多く摂り過ぎてしまいます。喉が渇いたときには水を飲むのがいちばん健康に良いのです。ウォーターサーバーでは好きな水が選べ... >>詳細

美容と健康のために

お肌をしっとりさせるために女性にとって肌の乾燥は悩みのタネです。年齢と共にお肌からは水分が失われていきます。お肌の水分を補うためには、化粧水などを使って体の外側から保湿するだけでなく、体の内側からしっかり水分を吸収させる必要があります。お茶やコーヒーなどは利尿作用がありますから、せっかく摂った水分が流れ出てしまいます。お肌に必要な水分を内側から補給するためには、水をたっぷり飲むのがいちばんです。... >>詳細

手軽に水分補給をしたい

脱水状態になると危険人間が生命を維持するために、水分の摂取は不可欠です。脱水状態になると死に至る危険性もありますから、水分は意識して摂らなければならないのです。夏場は汗で水分が流出し、熱中症の危険がありますから、こまめな水分補給が必要です。また、冬場も室内は暖房で乾燥しますので、脱水症状を起こす危険性はあります。ウォーターサーバーを設置して、年間を通して水分を意識的に補給するようにしましょう。... >>詳細

お水を家まで届けてもらえる

ペットボトルは買いに行くのが大変安全で美味しい水を飲むためには、ペットボトルのミネラルウォーターを買ってくるのが以前は一般的でした。しかし、買いに行く手間がかかりますし、ペットボトルの水は重たいですから持って帰るのも大変です。また、空になったペットボトルの処分に困ることもあります。ボトルを購入すれば無料で水を汲んで持って帰ることができるスーパーなどもありますが、持ち運びが大変なことには変わりあり... >>詳細

浄水器に比べて使いやすい

浄水器を使えば安心?水道水には有害物質が含まれていると言われますから、安全な水を飲むために浄水器を使っている人もいるでしょう。浄水器である程度有害物質を除去することは可能ですが、家庭用の浄水器はROフィルターのように不純物を完全に除去できるわけではありません。また、浄水器には使い方を間違えると安全性を確保できないというデメリットもあります。ウォーターサーバーの水の方がはるかに安全性が高いのです。... >>詳細

サーバーをレンタルしてもらえる

サーバーを購入しなくて良いから初期費用が不要安全で美味しい水を手軽に飲めるウォーターサーバーに興味をもつ人は多いはずです。けれど、ウォーターサーバーを利用するためにサーバーを購入しなければならないとなるとハードルが高いんじゃないでしょうか?現在のところ、ウォーターサーバーの会社のほとんどで、サーバーはレンタルする形式になっています。買取不要ですので、初期費用をかけることなくウォーターサーバーの導... >>詳細

インテリアとしてもGood

コンパクトタイプのものが多いウォーターサーバーはキッチンやリビングに設置して使うことになります。キッチンはただでさえモノが多くごちゃごちゃしていますから、あまり大きなものであれば邪魔になってしまいます。また、リビングはお客さんの目に触れることもありますから、インテリアとの調和も気になります。最近のウォーターサーバーはコンパクトでスッキリしたタイプのものが主流で、デザイン的にも優れています。デザ... >>詳細

赤ちゃんのミルク作りにピッタリ

赤ちゃんには安心できるお水を赤ちゃんのいる家庭でウォーターサーバーの導入を考えるケースが多くなっています。赤ちゃんはデリケートですから、赤ちゃんの口に入るものには特に気をつかわなければなりません。水道水には有害物質が含まれている可能性もありますから、赤ちゃんに与えるのを躊躇してしまうでしょう。ウォーターサーバーを利用すれば、赤ちゃんに安心のお水を飲ませることができます。赤ちゃんにピッタリのRO... >>詳細

災害時の備えになる

水のボトルをストックしておける地震などの災害はいつ訪れるかわかりません。災害時に断水して水が飲めなくなれば生命にかかわりますから、災害に備えて水をストックしておくことは大切です。と言っても、ペットボトルは容量が少ないですから、かなり本数を用意しなければなりません。ウォーターサーバー用の水は1本で12リットルくらいありますから、災害用にストックしておくのにもちょうど良くなっています。新鮮なお水を... >>詳細